2016年07月20日

生理期間中はダイエットの味方!上手な乗り越え方

000.jpg


せっかく一生懸命ダイエットしていたのに、
やってきてしまった「生理」。

生理が始まると体重は減らないし、
体にもダメージが大きくイライラしてしまいますよね。
しかし、上手く生理と付き合っていくことで効果をもたらしてくれますよ。
早速チェックしていきましょう。


■生理前から太りやすくなるのは仕方ないこと


もともと生理前から生理期間中は女性ホルモンが乱れ、
暴飲暴食やむくみなど様々な悪影響が起こります。

主に生理前から現れる症状として、
「食べたくて食べたくて仕方ない・甘いものが欲しくなる」
「むくみやすい」「イライラしがち」
「いつもの体重より1〜2キロ増えている」などが挙げられます。

特に生理前はむくみやすいため、増えているのはよくあること。
「太っちゃった!」と焦ってダイエットするのではなく、
「生理が近いからか」と楽観的に考えるのがおすすめです。

**************************
関連動画
【生理中のダイエット】体重を減らすことに
執着するのではなく、キープすること。

**************************

■どうして生理期間中は太りやすいの?

生理前が太りやすいのは女性ホルモンの働きによります。
生理前になると、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンの分泌量が増え、
栄養を溜め込もうと働き、太りやすくなってしまうのです。

そのため、代謝が低くなり体が冷えやすくなるため、血行が悪くなります。
すると、むくみだけでなく肩こりや頭痛などあらゆる症状を悪化させてしまうことも。

健康にも悪影響を及ぼすため、
生理中のダイエットは特に慎重になる必要がありますよ。
詳しくは、モデルプレス
posted by 真田 サラ at 10:02| Comment(0) | ダイエット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。